描くと暮らす

日常を大切にしながら、大好きな絵を描きながら、楽しくゆったり暮らす人。

連休明けに見た夢が本心

連休明けに見た夢は、私の本心そのものでした。

 

 

妊娠直後まで、8年働いていた職場時代の夢でした。

単身で関東に出向するか、時給を最低賃金まで下げるか選べと言われた事もありました。

 

 

 

夢の中で「なんでここにいるの!?」て気づいて

 

と会社を飛び出し、現在の会社に急ぐ夢。

 

 

 

少し遅刻したけれど、今の職場の人達がホッとした表情で私を見て

「良かった〜!」

と言ってくれたのです。

 

 

そこで目が覚めました。

 

 

勤めて一年が過ぎ、私の気持ちは「良かった〜!」でいっぱいなんだと思いました。

 

会社のスケジュール上、10連休になった私でしたが、気持ちが落ちなかったのは、いつも通り過ごしたのと

 

「働く」

 

という意識がすごく変わったのだと。

 

お金大事。

ただ、お金がもらえればいい、という意識だけだと死んだ目をして仕事をするでしょう。

 

うまい儲け話にホイホイついて行くでしょう。

 

現実見たくないから、キラキラした話や人が大好きでしょう。

 

 

ただ働く、稼ぐ

 

ではなく、

 

働いた先の夢や目標

 

みたいのがあるから、きっと楽しいのだと思います。

 

「働く」が土台になっているからこそ、叶った事も沢山あるのです。

連休中に働くサービス業の人達がいるおかげで、家族と沢山思い出が作れました。

 

個人でデザインさせて頂いたり、ものづくりをしたりする事も土台があるからこそ。

 

f:id:nakacolor:20170509013316j:image

 

土台なくして

 

可愛く♡

 

なんて、

可愛くもなんともねーよ(´ω`)