描くと暮らす

日常を大切にしながら、大好きな絵を描きながら、楽しくゆったり暮らす人。

人間ドックレポ②初めての胃検診編

先日の初めての人間ドックの記事の胃検診編です。

前回の記事はこちら

 

バリウム飲むのが嫌だからと

避けていると、症状が出た時は既に遅し。

そんな事にはなるまいと胃検診を初体験。

 

私の幼馴染のお母さんは20代で胃ガンで亡くなりました。

毎年幼馴染のお母さんの御墓参りに行くと、幼い娘を残して逝った気持ちを思うのです。

幼馴染は当時6歳位でしょうか。

だから、ガンは他人事ではないのです。

 

胃検診は、超音波や子宮ガン検診等が終わった最後に行います。

そうしないと、正確に内容が見れないらしいです。

 

胃検診の流れ。

前日夜9時以降は飲食禁止です。

 

①貴金属類、ボタンのある服は脱ぐ

私は眼鏡をしていたので外しました。

 

②炭酸の元になる粉を飲み、液体を飲まされます。

胃袋を膨らませるためです。

むせないよう、ゆっくり飲むよう言われます。

この地点でゲップは我慢しないといけません。

これがキツイ(TT)

 

③検査室に案内されます。

検査台に噂のバリウムがセットされてます。

牛乳瓶半分くらいの白い液体です。

片手にバリウム、片手に口を拭くティッシュ。

ちょっと体を傾けるよう言われます。

 

 f:id:nakacolor:20180120150106p:image

 

④ガラス越しに指示されます。

一口バリウムを飲むように言われます。 

飲みながら検査台を動かしたりしていきます。

 

⑤バリウムの飲んだ感じと味

小麦粉を入れ過ぎた飲むヨーグルト。

味はフルーツぽいけど

とにかく飲みづらいです。

 

こんなの

飲めるかー!

 

頑張って飲むしかない。

全部飲まないといけないみたいですが、

初めてだったせいか、顔をしかめた私を察してくれて少しだけ残しました。ごめん、無理だった。

 

⑥両脇のレバーを握り、いざ体をグルグル。

機械操作で頭を下にされたり、うつ伏せになったり体を傾けたり、辛いです。

 

バリウムの気持ち悪さで、グルグルされた方が気が紛れる感じがしました。

 

レバーにしっかり掴まって下さい。

落ちます!!(笑)

 

 

⑦お疲れ様。はい、下剤。

絶望感半端ない。髪の毛クシャクシャにも気付かず、眼鏡も検査室に忘れて魂抜けてました。

 

下剤二錠。終わったら必ず飲む事。普段から便秘気味の人はもう二錠頂けるそうです。

私は二錠で夕方にはお腹痛くなりました(^^;;

それから翌日までお腹緩い感じでした。

 

バリウムは出さないと固まってしまうので、出ない場合は病院の指示に従って下さい。

 

⑧人間ドック後の食事

総合病院内にあるレストランのお食事券を頂きました。

お腹減ってるはずー!何食べよう♡

と思いましたが、バリウムの衝撃で食欲はなく、温かく消化のいいうどんを食べるので精一杯でした(TT)

 

 

この日は、有給を頂いていたので

ゆっくり休むことが出来ました。

 

検診て慣れないことや気を使って、後からドッと疲れがきたりします。

 

 

また来年、1年間生活習慣を改めて挑んでこようと思います。

 

検査結果にガッツポーズをするのが目標。

次回はバリウム全部飲めるように努めます(^^;;

 

 ■デザインしたり絵を描いています■
naka作品ページ
https://nakaweb.jimdo.com