描くと暮らす

日常を大切にしながら、大好きな絵を描きながら、楽しくゆったり暮らす人。

働くお母さんの流れをまとめてみた。

エプロンをしたいとお願いされて

私のエプロンをつけて

お手伝いをしてくれた娘(T-T)

お母さんみたい。

f:id:nakacolor:20181020110512j:image

娘を妊娠した直後、切迫流産で入院→安静のため仕事を退職したのは5年前の冬。

 

先日アルバイトからの繰り上げ雇用になりました^_^

 

 

出産後、子持ちだというだけで雇用されなかったり、弱みに付け込んだ仕事の勧誘もありましたが、全部振り切ってきて本当に良かったです。これから必要になる生活基盤もしっかり固めていきます。

 

◾︎働くお母さんは体力勝負

妊娠前と出産後は、年齢も体力も変わってきているせいか疲れ方が違いました。

その辺も含めて自分に合った勤務時間を選びましたが、

 

久々の週5勤務は残業も重なり、ややハードモード。

しかしお給料は倍になったので、そこでカバーできる事が増えたのでありがたいです(T-T)

 

◾︎仕事後の流れ

仕事後娘を保育園にお迎え

帰宅後洗濯したり、娘の保育園の連絡帳に目を通す。

夕食作り。メニューはクックパッドからチョイス。野菜多め。

夕食後

娘に図書館から借りた本を読んであげたり

今日の出来事を聞いてみる。面白い。

最近、私が寝落ちして娘に起こされる(^-^;

夫帰宅

娘がお風呂に入る相手はご指名。

娘と夫がお風呂の間にクイックルワイパーで床掃除したり、食器類を食洗機に予約セット。

洗濯物たたむ。

就寝。

娘はお腹トントンしないと寝ない(T-T)

寝落ちは早いから助かる。

この一年、娘が寝てから起きる事がほとんど出来ない。娘のマシュマロボディにロックオン。もう眠くて夜更かし無理。娘が温かいの(T-T)

 

 

私の周りは勤務時間長くバリバリ働いている方が多い上、お子さんも複数な方、本当にすごいです。

 

夫は帰宅時間が遅く、休みも合いませんが、私不在時に買い物に行ってくれたり、手続き等をしてくれます(T-T)

 

お互いの協力なしでは、子育ても仕事も難しい。

 

我が家はアラフォー夫婦ですが、自分達が65歳になった頃、同じように働けるのか、逆算してどう備えるのが良いのか話す事があります。

 

お互い60代の方が職場にいるので、その方達から色んな話を聞くからだと思います。

 

◾︎これからは60歳を過ぎても働く時代

働き方は変わるかもしれないけど、体力に合った働き方をして、絵を描き続けるのが理想^_^

収入源があるからこそできる、気持ちの余裕はすごく重要だと思います。

 

どうなるかは分からないけど

昭和の古い考えがなくなって

「人それぞれ」

が浸透していたらいいなぁと思います。

 

我が家は、我が家です^_^

 

■デザインと絵のページ◾️
naka home page
https://nakaweb.jimdo.com