描くと暮らす

日常を大切にしながら、大好きな絵を描きながら、楽しくゆったり暮らす人。

手作りマスクを笑われる

田舎は大丈夫なんて、ちょっと前までは思っていたけど、コロナウイルスは私の住む県でも感染者があっという間に2桁。

 

f:id:nakacolor:20200412092043j:image

 

手作りマスクを作ったのは理由があります。

 

夫は仕事柄毎日マスクを着用しています。
花粉症もあるし、人に会う機会が多いからです。
使い捨てマスクも少なくなってきたので、白い立体布マスク作りました。

しかし、このマスク職場の人に笑われたそうです。

確かに手作りですから、どこか違和感はあるかもしれませんね。

だから、新しく型を探して作ったら
結構きれいに仕上がりました^_^
(1番手前が改良した立体マスク、柄マスクは娘用)

飛沫や接触のリスクのある仕事にもかかわらず、
職場でマスクを全くしない方から、何そのマスク(笑)と言われたそうで(−_−#)


まさかそのような発言をされるとは大変驚きました。

それなら
高くても買った方がいいのでは?と言ったのですが
コスパ面でも、俺は不特定接する相手のためにも何もつけないよりいいし、布マスクでもいいのだと。

スーパーに行けば紳士な方が、お洒落な模様の手作りマスクをしており、素敵だなぁと見入ってました^_^

 

↓写真は沖縄の知事。(お写真お借りしました)

奥様が10枚くらい作って、その日の服に合わせて身に付けられてるのでしょうか。素敵です!

f:id:nakacolor:20200412084542j:image

他にも、名古屋知事、札幌市長等も布マスクをつけられており

 

上に立つ人は意識が違います。


私の職場のとても偉い方も、裁縫が得意な従業員にお願いして布マスク作ってもらって、これはいい!と喜んでおられました。

 

やっぱり意識が違います。


今は生地も手に入りにくく
布マスクを作れる人を探している自治体もあります。

小池都知事が身に付けられてる柄物のマスクは
ご近所さんが手作りしてくれたそうです。
それを知って、とても温かい気持ちになりました。

何のためにマスクをつけているのか
誰のためにマスクをつけているのか
人として、どうありたいか。

 

 

私は仕事柄マスクが必要です。
大切に使おうと思います。

 

 

■絵のページ◾️
naka home page
https://nakaweb.jimdo.com